日本矯正歯科学会認定医とは

近年歯科においても歯列矯正の重要性が広まり、矯正をする人の数が増えています。矯正は一般的な歯科とは別に矯正を専門とする矯正歯科で行います。矯正治療に当たる歯科医師は日本矯正歯科学会の認定医、専門医の資格を取得する必要があります。この制度をつくることにより、医療の水準を維持向上を図っています。そのためには、歯科医師の資格を取得後5年間の研修を終え、学会の行う検定審査に合格する必要があります。研修機関も基本研修を行う基本研修機関、臨床研修を行う臨床研修機関が定められています。さらに認定医取得後、高度な技術と経験を持つ医師に与えられる専門医という資格もあります。

最新の学会の技術を応用した歯科

矯正歯科の技術は日進月歩です。かつてはあごの成長を抑制するチンキャップやヘッドギヤなどが用いられ、歯につけるブラケットやワイヤーは大きく目立つものでした。これらは患者の負担を軽減するために様々な技術で進歩しています。学会では最新の技術により患者の負担軽減、治療期間の短縮が図れるか検討され実用化されています。ブラケットは目立たず歯の裏側からでもそん色なく治療ができます。ワイヤーは端末が歯茎に触れることなく快適な治療が可能となっています。現在の矯正歯科は最新の技術で痛みがなく短い期間で治療終了に主眼が置かれています。

↑PAGE TOP