矯正歯科学会と大会開催

矯正歯科学会は矯正歯科学と歯科臨床の進歩と発展をはかることを目的として、機関誌の発行や、認定医などの設定、学術大会を開催するなどの事業を行っています。日本各地の歯科医を中心に多数の会員によって構成されている対外的にも日本を代表する学会です。市民公開講座やスタッフ・ドクター向けのセミナー、生涯研修セミナーなども主催しています。市民公開講座では「どうして歯並びや噛み合わせを治さなくてはいけないのか?」など、身近で興味を持ちやすい題材を扱っています。どの会も首都圏だけでなく全国津々浦々で開催されており、誰でも参加できる機会があります。

専門医認定の日本矯正歯科の学会

矯正歯科の専門的な学会としては、1926年に設立された日本矯正歯科学会があります。歯科矯正の進歩や発展を目的に活動を続け、現在6400人強の会員がいます。主な事業としては、学術大会の開催、機関紙の発行、認定医等の設定などがあります。歯科矯正の知識や技量、経験が必要な水準に達していることを示す資格は、もっとも基本的な認定医から始まり、さらに経験を積み厳しい条件をクリアした専門医、研修医を指導する立場の指導医などがあります。認定証は院内に掲示されていることが多いので、歯列矯正などで受診する時には、それらの指定にあてはまる医師を選ぶようにしましょう。

↑PAGE TOP